ABOUT_APPOについて

  • 飯田りんご並木_トップ画像1

ABOUT_APPOについて

アッポとりんご並木とりんごの実

アッポが生まれた長野県飯田市のりんご並木は、今日と明日をつなぐ道。
大火復興への想いを胸に、未来に向かって進もうと、街の中央に生まれました。
今日もみんなで、いっぽ、にほ、あっぽ!りんごの道に、軽やかな足音。
この街のシンボルとして、大人から子どもまで、街のみんなで大切に守り育てています。
冷涼な気候のなかで、のびのび育つ飯田のりんごは、平和への願いがつまった実。
おいしさをギュッと瓶に閉じ込めて、アッポをあなたにお届けします。 

A row of apple trees in the city of APPO connects today and tomorrow.
We hold many thoughts and walk toward the future.
A delicious apple grown by nature is a fruit filled with a wish for peace.
On the other hand, Niho, oh! Light footsteps on the apple road.
Will be delivered to you shortly.

町のシンボル『りんご並木』で生まれたりんごのお酒『アッポ』

2020年8月、南信州飯田果実酒特区制度(※1)を活用したシードル専門の醸造所『APPO』が飯田市の町のシンボル「りんご並木」に誕生しました。

りんご並木はかつての飯田の大火の復興過程で市内の中学校の生徒達の提案により生まれ、今日まで大切に守られてきた特別な場所です。

(※1)地域の特産物を原料とした果実酒を製造しようとする場合に、製造免許に係る最低製造数量基準が、6klから2klに緩和される制度の事

APPO製造工場の正面
APPO CIDRE 摘果果ブレンド DRYとお料理

気取らずカジュアルに楽しむ身近なシードルを目指して

私たちが目指しているのは、『生活に根付くカジュアルなシードル』です。

日本一の焼肉の街(※2)飯田で「アッポ!」のかけ声で乾杯し、
焼肉と一緒に気軽にシードルを楽しんでいただきたい。
また、シードルを楽しむ為に、県内外から多くの方にこの地を訪れて欲しい。

そんな夢を描きながら、情熱を込めてシードルづくりに挑戦しています。

(※2)長野県飯田市は、人口1 万人当りの焼肉店舗数が日本一の「焼肉の街」。焼肉店はコンビニエンスストアより多く、焼肉店がしのぎを削る激戦区

地域の産業を守り、未来に繋ぐシードルづくり

南信州地域では、生産者の高齢化や担い手不足、近年の地球温暖化や異常気象の影響を受け、りんごの生産量が年々減少傾向にあります。

私たちはシードル醸造という新たな事業を通し、この地域で代々受け継がれてきた大切な伝統産業である、りんご産業を守り、未来に繋いでいきたいと考えています。

APPOシードルが地域の文化として根付き、飯田市の新たな魅力のひとつとなれるよう、日々醸造技術と品質の向上に努めて参ります。

リンゴ園

NEWS_APPOからのお知らせ

Group News

新 着企 業青 果製 造卸 売小 売飲 食