TOP > マツザワとは > パートナー事例 > 蒲郡みかん

マツザワとは

パートナー事例

蒲郡みかん

パートナー企業 JA蒲郡市さま

さわやかな酸味、上質な甘みが特徴の「蒲郡みかん」は、三河湾の暖かな潮風と、豊かな自然を育む大地だからこそ収穫できる果物です。
地域特産品である「蒲郡みかん」を原料に使って、三河地方のおみやげをつくりたい!!

そう思ったのが、すべてのはじまりでした。

gamagori02.jpg

まずは原料の調達が一番の課題でした。
蒲郡でみかんの栽培が開始されたのは明治の初めで昭和に入ってから本格化、温室みかんにおいては昭和48年から始まり現在に至っています。
温室みかんは4月上旬から出荷し始め9月下旬までの期間途切れることなく供給され、露地みかんの出荷は10月中旬?3月中旬となっており、温室みかんとあわせて一年中消費者に美味しいみかんを供給しています。
原料供給元としてご協力いただいている「JA蒲郡市」内には、蒲郡市農協柑橘部会(名称:蒲郡柑橘組合)があり、602人の組合の方が加盟(H22年度現在)しています。
一年中収穫できるのなら、原料の供給は簡単だろう。そう簡単に考えていました。
実際、蒲郡柑橘組合の方々と打合せをしてみると、加工用として私たちに原料供給していただけるのは1年に1回。
結局、温室みかんなどは、少々形が悪くても、
貴重品なため「生食用」として流通してしまうのだと。

一年に一度のタイミングですと、1年分の原料の確保を見込みで行わなければならないのと、その原料を1年間確保しておかなければならない、と言う大きな壁にぶち当たってしまいました。
いろいろ検討した結果、初冬に仕入れた原料の蒲郡みかんを、
一時加工し果汁やペースト状にして保存することとしました。
それらを、製菓原料としてケーキやゼリー、クッキーなど商品を開発していきました。

今では、原料のみかんを33tも仕入れるほどまでに、蒲郡みかん商品シリーズは成長してきました。
蒲郡みかんの生産者皆様との原料確保に際する打合せと、
原料を一時加工して保存すると言うアイディアが、
1年中販売できる蒲郡みかんのお菓子たちを成功に導きました。

蒲郡みかん商品データ

[製品例]
・ジュース ・ジャム ・ソース ・ケーキ  ・ゼリー  ・クッキー

お問い合わせ

このページの上へ

パートナー事例ページへ戻る

マツザワとはページへ戻る